トップ>コンドロイチンとの関係は?

コンドロイチンの働き

元々体内に存在しているムコ多糖の一種で、たんぱく質と結合して存在しています。

コンドロイチンは、軟骨や皮膚の中に存在していますが、加齢と共に減少し、また、体内での生産能力も低くなっていくため、その結果、身体に様々な症状を引き起こしてしまいます。

減少してくると、関節障害や皮膚障害がおこりやすくなり、膝や腰が痛くなったり、傷が治りにくくなったりといったトラブルが生じてきます。

コンドロイチンは、納豆やオクラ、うなぎや山芋など、粘りのある食品に含まれていますが、食品からの摂取だけでは、加齢に伴う減少には追いつきません。

グルコサミンとコンドロイチンの役割

グルコサミンは、軟骨を形成、再生する役目を果たし、コンドロイチンは、関節の軟骨に多く含まれている成分です。つまり、どちらも、軟骨を形成する上では、とても大切な成分ということがいえます。

これらが減少してくると、変形性膝関節症などの悩みも起きやすくなってきます。そんな時でも、この2つの成分を同時に摂取することで、膝や腰などの痛みの軽減に、高い効果があることが分かっています。

変形性膝関節症に対して、約1年間、この2つの成分を同時に摂取するといった実験をした結果、半数以上の方の関節が、完全再生されたという臨床結果も出ているそうです。

最近では、グルコサミンとコンドロイチンが配合されたサプリメントも多く発売されています。

摂取方法

関節をサポートするという名目で売られているサプリメントには、必ずといってもよいほど、グルコサミンとコンドロイチンが配合されています。

これらを同時に摂取することで、更に高い効果が期待できるでしょう。 どちらも、身体のいたる所にある関節を形成している重要な成分です。私たちは、この関節を曲げ伸ばしすることで、様々な動きをしています。

そのため、関節を形成しているこれらの成分は、しなやかな身体作りには欠かすことができません。

しかし、いずれも食品から摂取するのには限界がありますので、サプリメントやドリンクなどで、足りない分を上手に補ってあげるとよいでしょう。

人気コンテンツ




効果は!?