トップ>グルコサミンとは?

グルコサミンとは?

関節痛などに効果があることでも知られているグルコサミンは、動物の皮膚や軟骨、甲殻類の殻などに含まれている成分の一種です。

これは、私たちの体内にも存在している成分なのですが、これは、加齢とともに減少してしまいます。

グルコサミンが減ってしまうことで、私たちの身体にも、様々な症状を引き起こしてしまいます。

加齢に伴って、膝や腰などが痛んでくることはよくありますが、グルコサミンには、これらの関節の痛みの原因となる炎症を抑えたり、傷ついた軟骨の修復を促進したりする役割を果たしています。

何から摂れるの?

しなやかな身体には欠かすことのできないグルコサミンですが、加齢とともに減少していくことが分かっています。

少量ならば、うなぎやおくらなどの食物から摂取することもできるのですが、大量に摂取することはできません。
現在、グルコサミンは、サプリメントとしても売られているため、既に関節などに痛みのある方でも、簡単に摂取することができるようになりました。

また、インターネットでそれらの商品の口コミを調べてみても、痛みが軽くなったという声が多く聞かれます。効果の表れ方には、個人差がありますが
継続して飲み続けることで、高い効果が得られやすくなるようです。

関節痛の関係

グルコサミンがあることで、私たちの身体の関節は、しなやかに動くようになっています。

普段、私たちは特に意識しているわけではないのですが、体中の関節の軟骨と筋肉をうまく動かして、様々な動きをしているのです。

しかし、加齢と共に、この関節の軟骨の主成分であるグルコサミンや、その軟骨を支えている筋肉が減少することで、骨と骨がぶつかり、骨が削れたり、炎症を起こしたりして、痛みを生じてしまうのです。

グルコサミンは、これらの痛みの改善に、大変効果があるものだということが分かっています。

人気コンテンツ




効果は!?