トップ>膝痛に効果は?

膝痛の原因

40代頃から発病しやすくなってくる変形性関節症は、辛いものです。特に、体重のかかりやすい膝や、股などには痛みが出やすく、放っておくと、水が溜まったり、症状が悪化したりしてしまいます。

また、スポーツをしていた、怪我をした、膝を酷使したことなどが原因となり、変形性関節症になることもあります。

このような痛みの原因は、加齢に伴い、関節を守っている軟骨が減少してしまうために起こるといわれています。

また、体重が重くなると、その分、膝にかかる負担も増えるので、軟骨がすり減り、変形性関節症を引き起こすとされています。

膝痛に効くグルコサミン

加齢と共に、変形性関節症やリウマチなどの症状が出てくる方も多く、酷くなると、歩行が困難になるなど、日常生活にも支障が出てしまうこともあります。

また、長年、膝の痛みで通院を続けている方の中には、治療の割に、あまり症状が改善されないと、悩んでいる方も多いでしょう。

そんな関節の痛みに効果がある成分として、今、世間でも注目されているのがグルコサミンです。

関節の軟骨を形成しているグルコサミンは、軟骨形成には欠かすことのできない成分なのです。

膝痛とグルコサミン

これまで、変形性膝関節症などには、応急処置的な治療法しかなかったのですが、最近では、グルコサミンが、減少した軟骨の再生を促し、痛みを取り除いてくれる成分として、大変注目されています。

アメリカでベストセラーとなった『変形性関節症治療法』の著者であるジェイソン・セオドサキス博士は、「グルコサミンとコンドロイチン硫酸塩の摂取で変形性関節症は治ってしまう」と語っています。

日本においても、この2つが配合されたサプリメントが発売されるなどして、関節炎を緩和させるために効果的な成分として、広く知られるようになりました。

人気コンテンツ




効果は!?