トップ>腰痛に効果は?

腰痛の原因

加齢と共に出てきやすい変形性関節症は、日常の生活を行うのが困難になることもあり、また、悪化すると、動作の度に痛みを生じるため、少し動くだけでも、かなり苦痛を強いられてしまいます。

関節は、私たちの身体のいたる所にあり、伸ばしたり縮めたりして、様々な動作ができるようになっていますが、変形性関節症で思うように動かせなくなってしまっては、生活が楽しめなくなるばかりか、生活能力の低下にも繋がりかねません。

変形性関節症は、膝の痛みだけでなく、腰痛をも引き起こすことがあります。これは、腰の骨と骨を繋いでいる関節の軟骨が減少することで、腰部に痛みを生じてしまうためです。

予防と対策

腰痛になる原因としては、骨や筋肉の異常や、稀に、内臓の病気が潜んでいるケースもあります。

しかし、加齢に伴って現れてくる原因として多いのは、関節の軟骨がすり減って引き起こされる痛みです。

これは、体内のグルコサミンが減少し、軟骨が再生されにくくなるために引き起こされています。

腰痛にならないためには、体重を増やしすぎないことや、日頃から適度な運動をする、バランスのよい食事と、規則正しい生活を心がけるといった、どんな病気の予防にも当てはまるような生活習慣が大切になってきます。

もしも、今、既に膝や腰に痛みが出ている方の中で、肥満気味だという方の場合は、まず、体重を減らすように努力しましょう。軽度の痛みの場合は、体重を減らすだけでも、かなり効果があります。

しかし、加齢による痛みが出始めてしまった方の場合は、既に軟骨がすり減ってしまっていることが考えられるため、体内で不足しているグルコサミンを補ってあげるとよいでしょう。

腰痛に効くグルコサミン

人間は、二足歩行をしている動物ということもあって、どんな動作を取る場合でも、腰に負担がかかってしまいます。

そのため、変形性関節症による腰の痛みがある方の中には、常に痛みに耐えているような方もいます。

また、お年寄りの方の中には、骨粗鬆症で背骨や腰骨を骨折してしまうといったケースもあります。

腰痛には、病気が原因のものもありますが、変形性関節症が原因の腰痛には、グルコサミンの摂取が有効だといわれています。これは、グルコサミンの効果で、関節の炎症を抑え、減少してしまった脊椎関節を再生し、腰痛が改善されるためです。

人気コンテンツ




効果は!?